ビタクラフト公式オンラインショップ

  • ビタクラフト ウルトラ
  • ビタクラフト ヘキサプライ
  • ビタクラフト ヘキサプライメタル
  • ビタクラフト コロラド
  • ビタクラフト アップル
  • ビタクラフト マルチパン
  • ビタクラフト ミニパン
  • ビタクラフト スーパーセラミック
  • ビタクラフト スーパー圧力鍋バーテックス
  • ビタクラフト RFIQ
  • ビタクラフト プロ
  • 周辺アイテム
  • 全製品シリーズ一覧
  • 交換用部品リスト

ビタレシピ

ホーム > ビタクラフトの使い方 > 通常製品について(ご使用前の確認ポイント)

ビタクラフトの使い方

全面多層構造のビタクラフトは、鍋底から伝わってくる熱をしっかり受け止め、鍋全体に効率よく伝えるので強火は必要ありません。不必要な加熱は焦げつきの原因となるばかりでなく、食材のうまみや栄養素を奪ってしまいます。また、把手などにも負担をかけ、鍋を傷める原因ともなります。
※電気クッキングヒーターを使用する場合も同様です。

鍋の縁から蒸気が上がり、ベイパーシールがかかったら(フタを回してクルクル回る状態になったら)必ず火を弱めてください。

とろみのある料理(シチューなど)やみそ汁を温める場合は、弱い火力でかき混ぜながら加熱してください。かき混ぜずに温めると、ボコッと音がして内容物が飛散する等の突沸現象をおこすことがあります。やけどや物品破損の恐れがありますので下記の点にご注意ください。

  • 温め直しのときは、お玉でよくかき混ぜながら鍋を加熱してください。
  • 強火で一気に沸騰させないでください。
  • 煮立てる場合は、お玉でよくかき混ぜてください。

基本的に製品に同封されています取扱説明書の調理方法に基づき、調理してください。火加減につきましては「中火」「弱火」「極弱火」という表記になっています。下記ワット数を目安に火力調節をしてください。火力のレベルは機種によって異なるため、ご使用のIHクッキングヒーターの取扱説明書のワット数をご参照ください。

調理中、調理後に鍋が冷えると、本体とフタがくっつき、フタが開かなくなる場合があります。中火より少し強めの火力で加熱するとフタは開きます。

防止策について

余熱で調理する場合やご飯を蒸らす場合は、火を止めた後にフタの裏側についた水滴を拭いておくことで、後でフタが開きにくくなるのを防ぎます。 ご飯など水分が少ないものは、再加熱すると焦げる恐れがありますので、ご注意ください。
熱いフタを平らなところに伏せた状態で置くと、取りづらくなることがあります。 フタはつまみを下にして置くか、伏せた状態で置く場合は、布巾などの上に置いてください。

末永くお使いいただく為に

  • パスタや野菜を茹でたり、料理に塩を加える場合は、鍋をかき混ぜながら完全に溶かしてください。溶けていない塩が鍋に付着したままになり、腐食の原因になります。塩や塩分の多い食材を使用した場合は長時間放置しないで、早めにこすり洗いをするようにしてください。
  • 他の金属製品(鉄の包丁やフライパン、スプーン、フォークなど)と接触させたまま長時間放置しないようにしてください。
  • 料理を鍋の中で保存したり、汚れたまま放置したりしないでください。
ページTOPへ