ビタクラフトの使い方(RFIQ自動調理システム)

ご使用前の確認ポイント

RFIQ鍋を初めてご使用になる前に

油やホコリなどを洗い落とす

製品には製造時についた油やホコリが残っていることがあります。
初めてご使用になる際は、お酢2~3滴と中性洗剤か石鹸をスポンジにつけて洗い落としてください。油分が残ったまま火にかけますと、油が鍋に付着して黄色く変色し、取れにくくなります。

フタが開かなくなった場合

フタの蒸気穴をCLOSEにしてご使用いただいていますと、調理中、調理後に鍋が冷えると本体とフタがくっつき、フタが開かなくなる場合があります。その場合は、フタのツマミをOPEN方向に回して蒸気穴を開けてください。鍋の中に空気が入り、簡単に開ける事ができます。

防止策について

余熱で調理する場合やご飯を蒸らす場合は、火を止めた後にフタの裏側についた水滴を拭いておくことで、後でフタが開きにくくなるのを防ぎます。 ご飯など水分が少ないものは、再加熱すると焦げる恐れがありますので、ご注意ください。
熱いフタを平らなところに伏せた状態で置くと、取りづらくなることがあります。 フタはつまみを下にして置くか、伏せた状態で置く場合は、布巾などの上に置いてください。

ご使用後のお手入れについて

お手入れ方法(本体・トッププレート)

本体のお手入れ

【軽い汚れの場合】
絞ったふきんで拭き取ってください。
【油汚れの場合】
薄めた食器用中性洗剤をふきんに染み込ませて、拭き取ってください。
【吸気口・排気口にほこりがたまっている場合】
掃除機で吸い取ってください。ほこりがついたままで使うと故障の原因になります。

トッププレートのお手入れ

トッププレートのお手入れには「スーパーIHクリーナー」をおすすめします。

  • ※ポータブルIHに揮発性のもの(ベンジン・シンナーなど)を使わないでください。
  • ※トッププレート以外はたわしや磨き粉を使わないでください。表面を傷つけます。

お手入れ方法(お鍋)

普通の汚れは、鍋が温かいうちに洗うのがオススメ

スポンジやナイロンたわしなどに台所用中性洗剤をつけて洗ってください。ご使用後の鍋はそのまま放置せず鍋が温かいうちに水につけて洗うと汚れが簡単に落ちます。洗った後は水気をきれいに拭き取ってから収納してください。

特に焦げ付きがひどい場合は、お酢とお湯を入れ沸騰させると効果的です。

お手入れ用品

  • クリーンキングリキッド

    クリーンキングリキッド 1,500円(税抜) ビタクラフト製品のお手入れに最適なクレンザーです。フォルトレス・スターチボンナミ社製(アメリカ製)

  • ソフト&ハードたわしセット

    ソフト&ハードたわしセット 980円(税抜) ソフトたわしは通常のお手入れに、ハードたわしは鍋内側の焦げつきやがんこな汚れ落としにお使いください。住友スリーエム社製(日本製)

  • スーパーIHクリーナー

    スーパーIHクリーナー 1,200円(税抜) 電磁調理器(IH)のトッププレートの汚れをきれいに落とすクレンザー。フェルトレス・スターチボンナミ製(アメリカ製)

よくあるご質問