ビタクラフトの使い方(フッ素樹脂加工のフライパン)

ご使用前の確認ポイント

初めてお使いになるときは

油やホコリなどを洗い落とす

ご購入後初めてご使用になる場合は、スポンジに中性洗剤をつけて、製品についている油やホコリをよく洗い流してください。特に外側のステンレス面は、油分が残ったまま火にかけますと油が付着して黄色く変色し、取れにくくなります。
流水ですすいで乾燥させた後、調理用油をフライパンの内側に軽く塗り、表面になじませてください。

ご使用方法

火加減について

弱火~中火が基本

調理開始時フライパンを予熱する場合は中火で加熱してください。
その後、調理に応じて中火~弱火の間で火力を調節してください。焦げそうな場合など、調理によっては火を止め(フライパンを熱源からはずし)、余熱で調理してください。

弱火

「弱火」は炎の先端が底面とコンロのガス穴の中間くらいにくる火力です。
(IHの場合は300W~400Wくらい)

中火

「中火」は底面に炎の先端がちょうど当たるくらいの火力です。
(IHの場合は700W~1100Wくらい)

強火は厳禁!

ビタクラフトのフライパンは熱効率が大変良いため、強火は必要ありません。
コーティングの耐熱温度は約260℃です。この温度を超えるとフッ素樹脂の性能が損なわれます。
焦げつきや本体の変形、取っ手の破損、コーティング面を傷める原因になりますので、絶対に強火では使用しないでください。

  • ※空焚きをしたり、うっかり火にかけたままにしないようご注意ください。
強火

ビタクラフトでは使用しません。

ながくお使いいただくために

  • ※金属製のターナーやヘラをご使用の場合は、角の鋭利なものは避けてください。できるだけナイロン樹脂製か木製のキッチンツール、菜箸などをご使用ください。
  • ※フライパンの中で材料を刻んだり、鋭い刃物などで突き刺したりしないでください。
  • ※隣接するコンロの炎がフライパンの取っ手にあたらないように、取っ手の向きを調節してください。

ご使用後のお手入れについて

通常のお手入れ

フライパンは完全に冷めてから洗うよりも、少し温かい状態の方が簡単に汚れを落とすことができます。スポンジに中性洗剤をつけて、内側のコーティング面も外側のステンレス面もよく洗ってください。洗浄後は水気を十分に拭きとってよく乾燥させた後で収納してください。

焦げ付いた場合は

ぬるま湯にしばらく浸けるか、フライパンに湯を沸かして温め、温かいうちに中性洗剤をつけたスポンジで洗ってください。

焦げ付いた部分をとるのに金属製のタワシやヘラなどでこすらないでください。また、内側のコーティング面には研磨剤入りのクレンザー、磨き粉等をご使用にならないでください。

お手入れの際のご注意点

  • ※使用直後、フライパンがまだ熱いうちに水に浸けるなど、急激な温度変化は与えないでください。
  • ※食器洗い機や食器乾燥機はご使用しないでください。
  • ※つけ置き洗いや長時間水に浸すなど、取っ手の中に水が入らないようにしてください。

よくあるご質問