クリーンキングを使ってみよう!

  1. ご使用前によく振ってから、少しの水で湿らせたスポンジなどでみがきます。
  2. 汚れがひどい場合は、クリーンキングリキッドを直接塗布し、一度スポンジで全体に馴染ませます。
  3. そのまましばらく放置(20分程度)した後、再度全体をよくみがきます。
  4. 最後にお湯で充分にすすぎ洗いをしてください。
  • なべ底洗浄
  • なべ底洗浄
  • 正面洗浄
  • 側面洗浄
  • ウラ側洗浄

洗浄のポイント

事前にお鍋を温めておくと効果的

お湯を入れて鍋全体が温まるまで待ちます。火傷に注意してください。

研磨筋に沿ってみがきましょう

鍋の側面には「横向き」、底には「円形」に広がる“研磨筋”があります。その研磨筋に沿って細かくみがいてきましょう。キズが目立たずキレイに仕上がります。

一回で全てやろうとしない

どうしてもとれにくい汚れがある場合、一回で全てを終わらそうとすると、疲れてみがき残しがでたり、余計に力が入ってしまいキズがついてしまうことにつながります。汚れが激しい場合は複数回に分けて洗いましょう。

プロの裏ワザ

ラップを丸めてスポンジ代わりに

丸めたラップにクリーンキングをつけて、クルクル根気よくみがきます。
スポンジだとクレンザーの粒子を吸ってしまいますが、ラップだと粒子がそのまま汚れに直接届きます。

しつこい油汚れには“重曹”か“セスキ炭酸ソーダ”

どうしてもとれない頑固な“油汚れ”や“油焼け”などに効果的です。
まず水をいれて火にかけて、重曹を溶かした後、10分くらい煮立てます。
そのまま半日~1日おいておくとより効果的です。お湯を捨ててスポンジでみがきます。

<適するもの>
●流し、調理台(ステンレス、ホーロー、タイル)●ガスレンジ●蛇口●フライパン、なべ(ステンレス、ホーロー)、まな板、包丁●食器(漆器・貴金属製品以外)●急須、湯呑み●スプーン等
<適さないもの>
●漆器、金銀等の貴金属製品●縞模様入りの陶磁器、塗装品●表面加工を施したフライパン、なべ(フッ素加工製品)プラスチック製品
<使用上の注意>
●子供の手の届くところに置かない。 ●長時間や荒れ性の人が使用する際は炊事用手袋を使うこと。 ●食器、調理器具等に使用する場合には、使用後水でよくすすぐこと。 ●研磨剤入りスポンジ、金属やナイロンのタワシは、キズがつくので使わない。 ●用途以外には使用しない。