ビタクラフト公式オンラインショップ

  • ビタクラフト ウルトラ
  • ビタクラフト ヘキサプライ
  • ビタクラフト ヘキサプライメタル
  • ビタクラフト コロラド
  • ビタクラフト アップル
  • ビタクラフト マルチパン
  • ビタクラフト ミニパン
  • ビタクラフト スーパーセラミック
  • ビタクラフト スーパー圧力鍋バーテックス
  • ビタクラフト RFIQ
  • ビタクラフト プロ
  • 周辺アイテム
  • 全製品シリーズ一覧
  • 交換用部品リスト

ビタレシピ

Home > ビタクラフトの使い方 > RFIQ自動調理システムについて ご使用前のポイント

ビタクラフトの使い方

フタの蒸気穴をCLOSEにしてご使用いただいていますと、調理中、調理後に鍋が冷えると本体とフタがくっつき、フタが開かなくなる場合があります。その場合は、フタのツマミをOPEN方向に回して蒸気穴を開けてください。鍋の中に空気が入り、簡単に開ける事ができます。

防止策について

余熱で調理する場合やご飯を蒸らす場合は、火を止めた後にフタの裏側についた水滴を拭いておくことで、後でフタが開きにくくなるのを防ぎます。 ご飯など水分が少ないものは、再加熱すると焦げる恐れがありますので、ご注意ください。
熱いフタを平らなところに伏せた状態で置くと、取りづらくなることがあります。 フタはつまみを下にして置くか、伏せた状態で置く場合は、布巾などの上に置いてください。

ページTOPへ