MOCOMICHI HAYAMI by Vita Craft

ZIP!でおなじみの速水もこみちさんが、自身がトータルプロデュースしたキッチンブランド「MOCOMICHI HAYAMI」を立ち上げました。
速水さんがこだわりを持ってセレクト&プロデュースしたブランドです。

このキッチンブランド立ち上げに伴い、ビタクラフトはオリジナルフライパンの商品開発でコラボレーションしました。
料理が楽しくなるような、キッチンが明るくなるような使ってわくわくするアイテムをお届けしたい。そんな彼の思いをビタクラフトがカタチにして誕生したフライパンです。

速水さんも
「重量感がすごくよくて、使えばつかうほど手になじんできます。グリップも非常に持ちやすいです。すばらしい。3層構造だから均一に熱が伝わり、お肉や魚などのシンプルな焼き物にもバランスよくきれいに焼ける。さらに料理が楽しくなります」
と魅力についてコメントされています。

MOCOMICHI HAYAMI by Vita Craft フライパンイメージ

長い時間を費やして開発した「MOCOMICHI HAYAMI by Vita Craft」のフライパンは、
ビタクラフトの技術を生かした、ステンレスとアルミの全面3層構造。非常に熱効率に優れていて、
弱火で調理ができます。熱が全体に均一に伝わるため、熱ムラのない美しい仕上がりに。

コーティングには硬質セラミックとダイヤモンド粒子が配合された
『ニューダイヤモンドコーティング』を開発し、焦げ付きにくく耐久性を向上させました。
耐摩耗テストでは、近年非常に基準が厳しくなるなか、
通常は3,000回の耐性があれば基準を満たすところを、100万回のしゅう動実験をクリア。
PFOA※も使用しておらず、体にも環境にもやさしく、安心・安全に調理できます。
※PFOA:水溶性界面活性剤。近年環境残存性が指摘されています。

また、速水さんは特にカラーセレクトにこだわり、
かなりの時間を費やし100種類以上の中から厳選。
『ボルドー』『ホワイト』の2色展開で、キッチンに映えるカラーリングが魅力です。
そしてフライパンの底面には、油の分量の目安となる丸印を。
オシャレなだけではなく実用性も兼ね備えました。
(マークの1まで入れれば約小さじ半分、2まで入れれば約小さじ1杯)

MOCOMICHI HAYAMI by Vita Craft アイテム

<フライパン> 22cm(ボルドー・ホワイト)、26cm(ボルドー・ホワイト)
<ウォックパン>20cm(ボルドー)、26cm(ボルドー)
<エッグパン>(ボルドー)
<ガラス蓋>20cm(ボルドー)、22cm(ボルドー・ホワイト)、26cm(ボルドー・ホワイト)

先日行われた記者発表会では、「ついにこの日を迎えることができてうれしく思います。
ここまでくるのにかなりの時間がかかり、大変な作業もありましたが、
どんな商品なら楽しみながら使っていただけるのかにこだわって作ったものばかりです。
ぜひみなさんに、手に取ってもらいたい」と商品に対する想いを語られました。

あらゆるところに速水さんのアイデアがちりばめられた、使うほどに料理が好きになる、
こだわりの調理アイテムです。
「MOCOMICHI HAYAMI by Vita Craft」のフライパンは7月以降、
特設サイトや百貨店などで順次発売予定。

MOCOMICHI HAYAMI by Vita Craft ブランドサイト
MOCOMICHI HAYAMI by Vita Craft
http://www.vitacraft.co.jp/brand/mh/

ビタクラフトBLOGの購読はFacebookページが便利です。