プロの声

家庭だけでなく
料理界の第一線で活躍するビタクラフト

写真:ホテル日航東京 調理顧問 河合 隆良さん
ホテル日航東京 調理顧問 河合 隆良さん:1955年静岡県生まれ。1977年からカナダを皮切りにノルウェー、スイス、フランス、アメリカの一流ホテルレストランで腕を磨く。ウエスティンホテルではクィーンエリザベス主催の晩餐会で料理担当。1986年、アメリカでトップクラスのレストラン「マサズ・サンフランシスコ」のスーシェフ(総料理長を直接補佐する2番目の管理者)となり全米No.1レストランの栄誉に輝く。1994年「パンパシフィックホテル・サンフランシスコ」総料理長に就任。1997年帰国後は「パンパシフィックホテル横浜」総料理長に就任。2008年には天皇陛下主催の晩餐会で料理を担当。2009年1月よりホテル日航東京の調理顧問に就任。
素晴らしいお鍋とは、使う料理やシーンを選ばないものです。

ビタクラフトの鍋の最大の魅力は、熱伝導性が良いところですね。火をそんなに使わなくても温まりますし、保温性にも優れているので、火の使用を最小限に抑えられるのはとても魅力的です。
熱伝導の良さの一番わかりやすい例は、スープの調理。お鍋全体からフワーっと沸くんです。
他の鍋ではそれがない。

また、熱ムラもなく、オイルをあまり使わなくても焦げ付かないから、とても使いやすいんです。
蒸し焼きや煮込み、余熱調理にも最適でポークなどもとてもキレイに仕上がります。
炒めものに関しても、野菜の色を残したまま炒められる。
また、アロゼの時にバターが焦げないのは素晴らしいと思いました。バターを焦がさない程度の火加減で調理でき、なおかつ、保温性にも優れているので、泡がなくならない様な一定の温度を保つことができます。
このようにビタクラフトの鍋はあらゆるシーンで優れたパフォーマンスを発揮します。

そして、もちろん機能性だけではなく、スタイルも良いので気に入っています。
使ってみたらおもしろい、とても素晴らしい商品だとすぐに分かりました。

写真:料理研究家 山本 麗子さん
料理研究家 山本 麗子さん:東京の杉並で15年、長野県東御市で20年、計35年お菓子と料理教室(スウィートハート)主宰。現在も全国から生徒さんが通う人気の料理教室。東御市で餃子の店「信州餃子」を営業中。長野朝日放送「ザ・駅前テレビ」に出演中。著書は「101の幸福なレシピ」「野菜で元気!」他多数。
ビタクラフトは良いことづくしのすごい鍋です。

ビタクラフトのお鍋をはじめて手にしたのは、もう25年以上も前のことです。
18cmの片手鍋、持ってみてびっくり、ずっしりと重みを感じました。これがステンレスなの?が最初の感想です。
さっそくカスタードクリームを作ってみました。焦げやすいクリームが全く焦げずに綺麗に仕上がりいつもより滑らかで美味しい。作り慣れているものこそ、その違いが解かりました。
それだけでなく、茹でただけの野菜が美味しくなったり、短時間で調理が済んだりと良いことづくしでした。それからは一つ増え、二つ増えと今ではビタクラフトの鍋ばかりが重なっています。
25年以上使っているお鍋も現役で全く古さを感じさせません。

ビタクラフトで作った料理はとてもおいしいと、生徒さんの間でも評判です。
熱の伝わりが早く保温性がよいので、火に掛ける時間が短くて済みビタミンを逃さずに料理ができる(煮物、揚げ物、ご飯もおいしく炊ける)。

毎日当たり前に使っているビタクラフトの鍋、改めて考えると実は超すご鍋だったと感激です。
このすてきなお鍋で元気の元を作りましょう!

写真:日本料理屋 日本橋ゆかり三代目 野永 喜三夫さん
日本料理屋 日本橋ゆかり三代目 野永 喜三夫さん:服部栄養専門学校を卒業後、京都・菊乃井の村田吉弘氏の下、露庵菊乃井にて日本料理の修行を重ね、1997年に実家・日本橋ゆかりに戻り、以後、様々なメディアや雑誌、海外での活動を通じて、独自の料理世界から生み出される新しい日本料理を発信し続けている。
他の鍋にはない、ビタクラフト独自の機能性に刺激を受けました。

普段みなさんがあまり考えないで行っていることかもしれませんが、フタをして調理をするということは、とても有効なんです。熱伝導性・保温性も高まるので、省エネにつながります。
それが全面多層構造のビタクラフトであればなおさらです。密閉性も高いため、食材の加熱スピードが増します。

そんなビタクラフトで作る料理の中で、私が好きな調理方法は、サラダに向いている野菜をあえて無水調理することです。サラダは体を冷やしてしまう傾向がありますが、加熱することによって体を冷やすことなく野菜を食べられます。
ビタクラフトの無水調理は、栄養素を逃さず、効率的に体内に吸収できますし、ベイパーシール効果により旨みが凝縮されるので、調味料が最小限で済むところも魅力です。
また、普通の鍋で野菜を茹でるよりも栄養の吸収率が高いといった結果を世界で初めて立証されたという事も他社の鍋とは大きく違うところでしょう。

ビタクラフトは奥が深い鍋ですので、使えば使うほど調理方法に対する新たな発見を教えてくれます。料理の幅を広げてくれる頼もしいオールマイティーな鍋、「ビタクラフト」の奥深い魅力をぜひ体験してください。

商品一覧

ステンレス製品(樹脂タイプ)

オールステンレスモデル

コンセプト製品

鉄フライパン

コーティングフライパン

圧力鍋

耐熱陶器

周辺アイテム & お手入れ用品

交換用部品