調理は温度へ。ビタクラフト テンプパン

温度加減」という、
新発想。

感覚と経験に頼っていた火加減ではなく、
素材や調理にあった温度を見ながら確認できる。
それがテンプパンの「温度加減」。
料理初心者はもちろん、料理上級者もレベルアップ。
今、「温度の見える化」が調理を劇的に変化させる。

Promotion Movie

Short Full

特許技術で
調理温度を表示。
あの日のおいしさを、
再現できる。

特許技術を駆使した全く新しいタイプのフライパン、
それがテンプパン。
調理面に内蔵された温度センサーで調理温度を計測し、1℃刻みの温度をハンドル部分に表示する。
調理中、リアルタイムで温度がわかるから、温度の上がりすぎや下がりすぎを防ぎ、「おいしい温度」で調理できる。
テンプパンがあれば、あの日のおいしさを、何度でも。

more

温度センサー

テンプパンの調理面に内蔵

温度表示パネル

テンプパンの調理温度を
リアルタイム表示
温度の表示範囲:0~300℃
(1秒ごと更新)

電源ボタン

電源ON・OFF/バックライトの点灯・消灯

火力でなく、
絶対的な温度で調理。
失敗を防げるから安心。

「強火で」「中火で」「弱火で」「とろ火で」といったこれまでの作り方では、作る人一人ひとりの感覚、ガスやIHといった熱源、メーカーなどの違いによって、火加減や火力、調理のタイミングに差が出てしまう。
テンプパンなら絶対的な指標の温度で調理できる。
数字での確認なら失敗を防ぐことができて安心。
自慢のオリジナル料理も、温度と時間をメモすれば、同じおいしさに。

温度をコントロール
するだけで、
理想の食感を創り出す。

料理のおいしさの大きな部分を占めているのは、実は「食感」。
カリッ・サクサク・ふわふわ……など。
こうしたおいしい食感は、素材のおいしさを最大限に引き出す「適材適温」で調理したときに実現する。
テンプパンなら、ハンドル部の温度表示をチェックして「適材適温」にコントロールするだけ。
料理のレパートリーはどんどん広がる。
あなたのライフスタイルは、テンプパンによって変わるかもしれない。

more

テンプパンの温度調理イメージ

料理や素材によって「おいしくなる温度」は異なり、80℃~210℃までと100℃以上の幅がある。
テンプパンは1℃刻みの温度を表示。だから、正確に温度管理ができる。

料理別温度調理の分布図

「焼く」「炒める」は
もちろん
「煮る」「ゆでる」も
テンプパンで。

テンプパンが得意なのは温度を必要とする調理。
つまり「焼く」「炒める」はもちろん、「煮る」「ゆでる」まで。
今日は炒め物、明日は煮物と、毎日・毎食の調理にテンプパンが大活躍し、日々の家庭料理が健康につながっていく。

温度が見えるから、
コーティングが長持ち。

テンプパンは、高い耐摩耗性(耐摩耗テスト200万回クリア)と耐久性を誇り、焦げ付きにくく、お手入れ簡単なマジックコート加工。
実はフライパンのコーティングが劣化する原因の多くは、高温での調理。一般的なフッ素樹脂コーティングの耐熱温度は260℃前後のため、それ以上の高温調理や、うっかりの空だきを繰り返すことで劣化してしまう。
テンプパンなら調理温度を数字で確認できるから、調理に不必要な高温を使用しなければ、コーティングが長持ち。
さらに高温警告表示もついて安心。

ラインナップ

テンプパン 22cm(ガラス蓋付き)

No.0062 テンプパン 22cm(ガラス蓋付き)

16,000(税抜)

内径22.0cm/深さ4.2cm

公式ショップで購入
テンプパン 26cm(ガラス蓋付き)

No.0066 テンプパン 26cm(ガラス蓋付き)

20,000(税抜)

内径26.0cm/深さ5.5cm

公式ショップで購入

レシピ動画

取扱説明書&レシピブック付き

ハンバーグ 詳細
オムライス 詳細
パエリア 詳細
カルボナーラ 詳細
ミルクレープ 詳細

取扱店舗

テンプパンは全国の百貨店・専門店や
ビタクラフト公式オンラインショップで
お買い求めいただけます。

ビタクラフト
取扱店舗一覧

LINK

ビタクラフト
公式オンラインショップ

LINK